花柄

深夜零時を過ぎた頃、僕はゆっくりとマンションの扉を開け、静かに靴を脱ぐ。忍び足でリビングへ向かい、ソファに視線を向けると寝息をたてる聡さんが横たわっていた。ナイトスタンドの微かな灯りが、聡さんの疲れた寝顔を照らす。聡さんの眠りを遮りたくな…

ミルキーウェイ

「千佳さん、香水つけてる?」 エステの最中、アキラは重たげな瞼をうっすら開けて、呟いた。「香水じゃなくて、ボディローションをつけてる。まだ、使い始めたばかり。」 「甘いミルクの香りがして、いつもの千佳さんと違う感じがする。」毎晩、シャワーを…

日曜日の食卓

手作りのトマトソースをぐつぐつと煮立てている鍋の中へ、表面だけ焼き目を付けた半生のハンバーグを入れる。ハンバーグに混ぜ込んだ玉ねぎのみじん切りは敢えて炒めず、シャキシャキ感を残した。隠し味の砂糖をひとつまみ、そして固形のコンソメスープを入…